ドキュメントでできること

レポートの作成、共同プロジェクト提案書の作成、会議メモの追跡などができます。

Google ドキュメントは、特別なソフトウェアを必要とせず、ウェブブラウザでテキスト ドキュメントを作成して編集できます。複数のユーザーが同時に作業することができ、他のユーザーが行った変更の経過も見ることができます。変更はすべて自動保存されます。

必要なもの:

Google Apps アカウント

10 分

Google ドキュメントでできること
1

作成または読み込み

この作業は、Google ドキュメントで行います。

このセクションの内容:

1.1

新しいドキュメントを作成する

Google ドキュメント または Google ドライブで新規ドキュメントを作成します。

ドキュメント をクリックします。

新しいドキュメントを作成

ドライブ[新規] > [Google ドキュメント] をクリックします。

新しい Google ドキュメント
1.2

既存のドキュメントを読み込んで Google ドキュメントに変換する

Microsoft® Word®、Adobe® PDF ファイルなど、既存のテキスト ドキュメントがある場合は、それを読み込んで Google ドキュメントに変換できます。

  1. Google ドライブにアクセスします。

  2. [新規] > [ファイルのアップロード] をクリックして、PC 上のテキスト ドキュメントを選択します。.doc、.docx、.dot、.html、プレーンテキスト(.txt)、.odt、.rtf がサポートされています。

  3. 変換するファイルを右クリックし、[アプリで開く] > [Google ドキュメント] を選択します。

他のプログラムでドキュメントを変換すると、オリジナルのコピーが Google ドキュメントの形式で作成されます。これを他のドキュメントと同様にブラウザで編集できます。

Word 文書がある場合

ドライブに既に Microsoft Word ドキュメントを保存している場合は、Google ドキュメント形式に変換しなくても更新できます。

既にあるドキュメントを Google ドキュメントに読み込み、変換
2

編集とフォーマット

ドキュメントを開いたら、作成に使用したソフトウェアと同様に、編集や書式設定などの作業を自由に行うことができます。Google ドキュメントでの変更は自動的に保存されます。

このセクションの内容:

2.1

テキストの追加と編集

ドキュメントの名前変更: ページの上部にある [無題のドキュメント] をクリックして新しいドキュメント名を入力し、[OK] をクリックします。

テキストの追加や編集: ページをクリックして入力を開始します。

テキストの追加と編集
2.2

色とスタイルの追加

余白、ページの色、向きを変更するには、[ファイル] > [ページ設定] をクリックします。

ツールバーを使用すれば、さらにドキュメントをとカスタマイズできます。主な機能は次のとおりです。

Google ドキュメントの取り消しとやり直し

直前に行った変更を元に戻したり、やり直したりします。

Google ドキュメント ペイントの形式

テキストのある部分から書式をコピーし、別の部分に適用します。

100%

拡大や縮小をします。

標準テキスト

見出しやタイトルにスタイルを適用します。

Arial 10

フォントやフォントサイズを変更します。

Google ドキュメント太字と斜体

太字、斜体、下線の追加や、テキストの色を変更します。

Google ドキュメント リンクの挿入

選択したテキストのリンクを挿入します。

Google ドキュメント コメントの挿入

コメントを挿入します。

Google ドキュメントのテキストの配置

テキストの配置を選択します。

その他

行間、箇条書きおよび番号付きリスト、インデント、背景色などの選択

2.3

画像、リンク、表などの追加

挿入メニューを使用して、ドキュメントにさまざまな機能を追加できます。主な要素は次のとおりです。

画像 - パソコン、ウェブ、ドライブから画像を挿入します。

リンク - 他のページへのリンクや、同じドキュメント内のヘッダーやブックマークへのリンクを追加します。

図形 - 線図、画像、図形をドキュメント内に作成します。

表 - 列と行の数を選択して表を作成します。

ブックマーク - ドキュメント内の特定の場所へのショートカットを追加します。

目次 - 見出しスタイルが適用されたドキュメント内で、各見出しにリンクする目次を自動生成します。

画像、リンク、表などの追加
3

共有と共同作業

同僚や社外のユーザーとドキュメントを共同編集するには、ドキュメントを共有します。変更は同時に行うことができ、他のユーザーが行っている変更をリアルタイムで見ることができます。

このセクションの内容:

3.1

チームで共有する

オーナー権限または編集権限のあるファイルを共有するには:

  1. 共有するファイルを開きます。

  2. 共有 をクリックします。

  3. 共有する相手のメールアドレスまたは Google グループを入力します。

  4. 共有相手に与えるアクセス権の種類を選びます。

    • 編集者 - コンテンツを追加、編集したり、コメントを追加したりできます。
    • コメント可 - コメントを追加することはできますが、コンテンツを編集することはできません。
    • 閲覧者 - ファイルを閲覧することはできますが、コンテンツを編集したり、コメントを追加したりすることはできません。
  5. 送信 をクリックします。

ドキュメントを共有したユーザー全員に、ドキュメントへのリンクが記載されたメールが送信されます。

チームで共有する
3.2

コメントや返信を追加する

リアルタイムで共同編集できない場合は、ドキュメントの横にチームメンバーに向けたフィードバックや質問を残せます。これらのコメントは、他のメンバーがファイルを開いた時に表示されます。

  1. 該当のテキストを選択します。

  2. ツールバーで をクリックします。

  3. メモを入力して [コメント] をクリックします。

定の共同編集者向けの重要なコメントの場合は、「+」を入力し、その後に相手のアドレスを入力します。コメントと併せてドキュメントへのリンクを含むメールが、その共同編集者に送信されます。メールを受け取った共同編集者は、コメントに返信して質問に答えたり、ディスカッションを始めたりすることができます。

コメントの内容が解決したら、解決 をクリックします。

コメントや返信を追加する
3.3

編集候補が表示される

編集内容を提案することにより、文章の変更はせずに、変更内容の提案をドキュメント内で直接行うことができますドキュメントのオーナーが提案を承認するまで、元の文章は変更されません。変更を提案するには、ドキュメントへの編集またはコメントの権限が必要です。

  1. 右上に「提案」と表示されていることを確認してください。 も表示されます。
  2. 編集内容を提案するには、ドキュメント内の該当部分に入力します。提案は新しい色で表示され、削除または置換するテキストには取り消し線が表示されます。ドキュメントのオーナーが承認するまでは実際には削除されません。
  3. ドキュメントのオーナーに、提案内容が記載されたメールが届きます。オーナーが提案をクリックすると、(承認)または (拒否)することができます。
編集候補が表示される
3.4

ユーザーと直接チャットする

チャットを使ってリアルタイムで共同編集を行うこともできます。複数のユーザーがドキュメントを開いているときに をクリックすると、グループ チャットが始まります。これにより、ドキュメントを閉じることなく、すぐにフィードバックを得ることができます。

ユーザーと直接チャットする
4

印刷とダウンロード

印刷物、他の形式、ドキュメントのコピーが必要な場合は、Google ドキュメントで可能です。

このセクションの内容:

4.1

ドキュメントを印刷する

ドキュメントを印刷するには、次のいずれかの操作を行います。

  • [ファイル] > [印刷] をクリックします。
  • をクリックします。

プレビューが表示されるので、右側でドキュメントをスクロールして確認し、左側で印刷オプションを選択できます。

ドキュメントを印刷する
4.2

他の形式のバージョンをダウンロードする

他のプログラムで開けるようにドキュメントをダウンロードするには、[ファイル] > [形式を指定してダウンロード] をクリックし、以下のいずれかの形式を選択します。

  • Microsoft Word(.docx)

  • OpenDocument 形式(.odt)

  • リッチテキスト形式(.rtf)

  • PDF ドキュメント(.pdf)

  • プレーン テキスト(.txt)

  • ウェブページ(.html、zip 圧縮)

他の形式のバージョンをダウンロードする
4.3

Google ドキュメントでコピーを作成する

ドキュメントをコピーすると、テンプレートを作成するのに役立ちます。たとえば、提案資料を作成する機会が多くある場合は、1 つの提案資料のコピーをプロジェクトごとに作成し、コピーした提案資料を更新すれば、書式を何度も設定する必要はなくなります。

ドキュメントのコピーを作成するには、[ファイル] > [コピーを作成] をクリックします。ドキュメント名を変更し、必要に応じて同じ共同編集者と共有します。

Google ドキュメントでコピーを作成
4.4

コピーをメールに添付する

他のプログラムや形式(Word や PDF)を使用しているユーザーとドキュメントを共同編集する必要がある場合、メールの添付ファイルとして送信できます。この操作では、元のドキュメントを共有する代わりに、ドキュメントのコピーを送信することになるので、Google ドキュメントの共同編集ツールは使用できなくなります。

  1. [ファイル] > [メールに添付して送信] をクリックします。

  2. 添付する形式を選びます。

  3. コピーの送信先のメールアドレスまたは Google グループを入力します。

  4. (省略可)メッセージを入力します。

  5. 送信 をクリックします。

コピーをメールに添付する

次のステップ

トレーニングを続ける

Microsoft® Office® をインストールすることなく Word 文書を編集したり、研究論文や提案書に引用を自動的に追加したり、Google ドキュメントを他の言語に翻訳したりできます。

Google ドキュメントのヒントを見る